ゲーミングマウス Logicool G300s【レビュー】

ゲーミングマウス Logicool G300s【レビュー】



ゲーミングマウスg300sレビュー

マウスを買った理由

CADをやるときに、キーボードとマウスをいききするのに疲れるから

文字を打っているときは気になりませんが、マウスでカーソルを移動させたときはctrl+Cやctrl+Vといった操作がめんどくさく、どちらか一つ(キーボードとマウス)で操作できないかと考えたためです。

そのうちテンキーも買うと思うので買ったらレビューしていきます。

G300sにした理由

  • 安くて登録できるキーが多い
  • スイッチの入れつ
  • ボディーがかっこいい

 

安くて登録できるキーが多いい

まずG300sは9個のキーがついています。9個のキーにそれぞれあ当てはめることが出来ます。

LGが出しているソフトです。一般的なマウスの機能の割り振り

Ctrl+CやCtrl+Vといった一般的なショートカットキーの登録

驚いたこと

安いしCAD用に使えればいいかと考えていましたが、なんとキー登録が3種類できる

マウス本体からモードの設定ができ、3種類の登録が出来ました。

問題としては9個あるキーの1つをモードの変更キーとして使うため、9個のキーをフルに使えないことです。

使わない人はここのキーも変更できるので1つのモードとして使うこともできます。


スイッチの位置

ゲーミングマウスというと親指のあたりにキーがあるのが一般的だと思います。私はマウスを親指と薬指+小指で挟んで持つことと

机の幅の問題でストロークが短いので、マウスを浮かせて上に持ってくる作業が必要になります。

その作業をするときに親指のところにキーがあったら邪魔だと思い今回はキーが上にあるものを選びました。

ボディーがかっこいい

脇のカラーを変えられることです。

このキーの色も8種類あります。

最後に

自分に合ったキーを選ぶとといいと思います。

高いマウスを買ったとしても、すぐに壊れるものではないので将来への投資と操作時間の削減が見込めます。


 

関連記事
SONY h.ear on Wireless NC レビュー【ヘッドフォン】
HUAWEI P20liteを全面的に押す理由+3カ月間の使用レビュー【スマホ】

ガジェットカテゴリの最新記事