Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kaychannel/kaystyle3020.com/public_html/wp-content/plugins/styles/classes/csstidy/class.csstidy.php on line 854

Ewinキーボード・KX8000MX KEYS風なキーボードを紹介

Ewinキーボード・KX8000MX KEYS風なキーボードを紹介

Ewinキーボード・KX8000MX KEYS風なキーボードを紹介

こんにちは海里です。

今日は新しくキーボードを購入したので紹介していこうと思います!

これ↓

外観

正面

キーのデザイン

配列が異なる部分

テンキー

 

背面

 

3つのデバイスと接続可能

テンキーの上部にあるキーによって3台のデバイスと接続が可能となります。

Mac ,iOS,Winの機種を使って接続してみましたが、どれも問題なく接続することができました。

 

接続方法

  1. BT①を長押ししペアリングモードへ (接続したい番号)
  2. デバイスの設定からベアリング
  3. 接続完了

 

使用する時には機種によってキーの設定を変える必要があります。

FnキーとQ ,W ,E,Rに書いてある接続したい機種のOSを同時に押す

 

機種を切り替える時には接続した機種の番号をタップすると青色のLEDが点滅するので、点滅が消えたら接続完了

タイピング感

重たくもなく軽くもないといった印象で、キーストロークも小さく長時間打鍵していても問題なくできる感じがしました。

 

ここがダメ

  • Macモードにした時にFキーがズレてしまっている
  • キーボードの配列が違う
  • キーの色と本体の色が同一でない

 

最後に

私自身KX800 MX KEYSを購入しようと考えていましたが、こちらのキーボードにして良かったと思っています。

電気屋でKX800 MX KEYSを触ってきたのですが、紹介したキーボードの方が打鍵感が軽く入力していて疲れないと感じました。

重量としてもある程度あり、打鍵していて動いたりすることがないのもGoodでした!

KX800 MX KEYS↓

 

【WI-C310】SONY・Bluetoothイヤホンレビュー

ガジェットカテゴリの最新記事