Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kaychannel/kaystyle3020.com/public_html/wp-content/plugins/styles/classes/csstidy/class.csstidy.php on line 854

ドローンを作りたい【自作競技用ドローン】

ドローンを作りたい【自作競技用ドローン】

競技用のドローンとは

競技用ドローンは最高速度100㎞/hで飛行し、周回タイムを競うものです。

空撮向けのドローンとは違い、高速で飛ぶことを目的としているため空撮には向きません。しかしドローンからの映像をゴーグルからのリアルタイムな映像を見ながらやるレースもあります

必要な材料

  • フレーム
  • モータ
  • バッテリー
  • プロペラ
  • ESC
  • プロポ
  • 受信機
  • BEC電源
  • FC(フライトコントローラー)
  • PDB

必要な部品多すぎ…いくらかかるんだろう



役割について調べてみた

フレーム

本体、カーボンのフレームが一般的に使われる。軽くて丈夫

モータ

 

DCモータやブラシレスモータがつかわれる。

おもちゃなどの小さいドローンにはDCモータが使われるが、レースや空撮用のドローンではブラシレスモータを使用する。

kv表記されているのはどういう意味なのかというと、たとえば2100kvだとすると1Vあたり2100rpm回転するという意味

△△△△kvの値が大きければいいのかというとそういうことではないらしい。。。

ESC

ESCとはブラシレスモータを制御するもので、モータには使える電圧が決まっている一般的にポリのセル数で決まる。

2~3Sと書かれていれば、2Sポリ、または3Sポリで使用する。

バッテリー

機体にあったもで、モータと合わせて選定する。3Sにしか対応していないESCの場合は3Sのモータでないと使用できない。

重さもドローンには影響する

プロペラ

2枚のプロペラか3枚のプロペラによって変わるらしいです。

ドローンが来たら検証したいと思います。

FC(フライトコントローラー)

パソコンを使わずにモータの出力を調整することが出来る。

届いた機体は、設定が出来てないものがあり、自分で設定しないといけない。




WALKERA RUNNER 250を購入したので届きしだいレビューしたいと思います。

ドローンカテゴリの最新記事