【3Ⅾプリンター】3万円で買える格安3dプリンター・Ender3を紹介

【3Ⅾプリンター】3万円で買える格安3dプリンター・Ender3を紹介

【3Ⅾプリンター】3万円で買える格安3dプリンター・Ender3を紹介

現在までに3台の3Ⅾプリンターに触れてきました。

3Ⅾプリンターを購入したいと思った人にお勧めの3ⅮプリンターEnder-3の紹介

私が持っている物は、Ender-3なのですが、Proバージョンがでているのでそちらをお勧めします。

 

Ender-3は組み立てが必要なので、そちらをレビュー

レビューする3Ⅾプリンター↓

組み立て時間

Ender-3は組み立てが必要です。 組み立て+プラットフォームの設定で1時間ほど

同じ部品は一つもないので、迷う心配もありませんでした。

   

もちろん工具もついてます!

 

プラットフォームの高さ調整はコピー用紙一枚を使い

ノズルとプラットフォームの間に入れて調整します。プラットフォームの下にあるねじが高さ調整用

紙がするする動くぐらいで高さ調整

フリースライスソフト Cura

UltiMaker が出しているフリーのスライスソフトCuraを使用します。

Curaをダウンロードしたら解凍して

Get Started

Agreeして

Next

Next

と行くとAdd a printerここでEnder-3を選択

Add a non-networled printerをクリックしてEnder-3を選択

Creality 3Dという枠に入っています

これでCuraがつかえます。

STLデータを開いて Save File を押すだけです。

温度や積層ピッチの変更もCuraから変更可能

 

詳しいCuraの使い方については検索してみてください。

 

ADVENTURE3とEnder-3の造形比較

ADVENTURE3とEnder-3の造形比較

Curaの書き出しに失敗したのか途中で終わってしまいましたが

上:ADVENTURE3 下:Ender-3

申し訳ないです、積層ピッチを同じにし忘れました。Ender-3のほうが積層ピッチが小さいです。

 

写真を見るとわかるように、7万円程する3Ⅾプリンターにも勝てるほどの実力があります。

 

音問題は??

Ender-3の音は静かな方だと思います。Adventure3には音ではかないません

 

騒音対策

振動対策ゴムを置く

騒音を吸音段ボールケースを作る

3Ⅾプリンターは音を気にして使うものではないので、音は我慢する必要があります。

一部屋挟めば音は聞こえないので、対策をすれば十分に使える3Ⅾプリンター

 

最後に

Ender-3は組み立てが必要ですが、同じ部品がないので簡単でした。どの3Ⅾプリンターにも言えるのですがプラットフォームの高さ調整には根気が必要です。

3万円以下と格安ながら実力はあります。adventure3いらなかった、、、というのが正直な感想

Adventure3は7万円するので、Ender-3だったら2台買えたと後悔しています笑

 

紹介した3Ⅾプリンター↓

 

関連記事
【3Ⅾプリンター】造形ができない問題を解決【Ender-3 】
【Ender-3】Ender-3をアップグレード【3Ⅾプリンター】

3D プリンタカテゴリの最新記事