Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kaychannel/kaystyle3020.com/public_html/wp-content/plugins/styles/classes/csstidy/class.csstidy.php on line 854

【3ⅮCAD】パソコンの選び方

【3ⅮCAD】パソコンの選び方

【3ⅮCAD】パソコンの選び方【3Ⅾプリンター】

皆さんこんにちは『海里』です。

今日は3ⅮCADをするために最適なパソコンについて、紹介したいとおもいます。

CADによって必要とするスペックが違いますので注意

安物買いの銭失いにならないために!

 

私が使っているパソコン

かれこれ4年ほど使用していますが、何の不具合もなく使用できています。

3ⅮCADをやるつもりだったので、スペックを高くしました。

スペック↓

HP Spectre x360 Convertible 13-ac0XX

Intel(R) Core(TM) i7-7500U CPU @2.70GHz 2.90GHz

RAM 16.0GB

 

使用している3ⅮCAD↓

Autodesk inventor (今は使ってません)

Autodesk Fusion360

学生ということもあって、無償で利用しています。

パソコンの選び方

①どこで使いたいのか

外でもCADをしたいなら ノートパソコン

家だけなら デスクトップ(自作したほうがいい)

ノートパソコンの方が同じスペックでも高くなる傾向にあります。

 

基本的にノートパソコンはCPUの交換、メモリの交換ができないので、

買ってから、付け足すということができません。

 

自作デスクトップであれば、CPUを交換したり、メモリを増設したりすることが可能

CPUにAMD Ryzenを使用すると、半額ほどでインテルのCPUと互角の性能を持つものが購入できます。

※インテルとAMDでマザーボードが異なる

 

②CADの必要スペックを見る

どのCADを使うにしてもCADが必要とするスペックが公開されているので検索してみるとよい

Fusion360の必要スペック(推奨環境)を検索してみると

Autodesk Fusion 360 の動作環境
オペレーティング システム Apple® macOS™ Catalina 10.15、Mojave v10.14、High Sierra v10.13 (Apple セキュリティ アップデートの詳細)

Microsoft® Windows® 8.1 (64 ビット) (2023 年 1 月まで)

Microsoft Windows Windows 10 (64 ビット)

CPU の種類 64 ビット プロセッサ(32 ビット版はサポートされていません)、4 コア、1.7 GHz Intel Core i3、AMD Ryzen 3 以上
メモリ 4 GB の RAM (内蔵グラフィックス 6 GB 以上を推奨)
グラフィックス カード DX 11 以上をサポート
VRAM 1 GB 以上の専用 GPU
RAM 6 GB 以上の内蔵グラフィックス
ディスク空き容量 3 GB のストレージ
画面解像度 1366 x 768 (表示スケール 100% で 1920 x 1080 以上を強く推奨)
ポインティング デバイス HID 準拠マウスまたはトラックパッド、オプションで Wacom® タブレットおよび 3Dconnexion SpaceMouse® をサポート
インターネット ダウンロード速度 2.5 Mbps 以上、アップロード速度 500 Kbps 以上
依存関係 .NET Framework 4.5、SSL 3.0、TLS 1.2 以降

Autodesk Fusion 360 の動作環境より引用

 

CADによって使用する場所が違う場合があります。

AというCADは処理は主にCPU

BというCADの処理は主にRAM GPUの場合もあり

ということがあります。

CPU性能とRAM性能がガチャガチャだと、すべての性能が使えないので注意が必要

③OS選び

WindowsかMacOSであれば基本的に問題はありません。

CADによってはMac OSだと動かなかったりするので、②で紹介した動作環境を使いたいCADで確認してください。

 

ノートパソコンかデスクトップか

最後にノートパソコンかデスクトップパソコンのどちらがいいのかというと

 

特に理由がなければ、デスクトップがいいと思います。

ただし、既製品を購入するのではなく自作

 

デスクトップの魅力はやはり増設することが容易で

仮にCADをしていて、スペックが足りなくなってもRAMを増設したり、グラボを入れたりでき拡張性に優れます。

 

ノートパソコンであれば基本的に交換できませんし、

グラフィックボードがCPU内蔵の物がほとんどなので、GPUを必要をするCADではスペック不足なる可能性があります。

 

3D プリンタカテゴリの最新記事