【Adventurer3】3Ⅾプリンターのノック音・異音はノズルつまりだった!?【3Ⅾプリンター】

【Adventurer3】3Ⅾプリンターのノック音・異音はノズルつまりだった!?【3Ⅾプリンター】

3Ⅾプリンターのノック音・異音はノズルつまりだった!?

皆さんこんにちは『海里』です。

3Ⅾプリンターを4年近く使用していていますが、分解しないといけない程ノズルが詰まってしまったことが一度だけありましたが、

それ以降ノズルが詰まることがなかったので、ノズルつまりを軽視していました。

ノズルが詰まっているわけがないと思いながらも、Adventure3のノズルクリーニングを行いました。

フィラメントのカスがかなり取れ、ノズルクリーニングを行った後からノック音が小さくなったのでぜひ試してみてください!!

 

Yotubeはこちら↓

ノック音・異音の原因

3Ⅾプリンターを使用していると「コン・コン」といった風にフィラメントがノッキングしている音が発生することがあります。

さまざまな要因が考えられます。

・ノズルの温度が低い

・ノズルの高さがあっていない

フィラメントの径が小さい

など、主にこれらの原因が考えられます。

どの要因にも言えることですが、ノック音が発生してしまう原因は

溶ける量 < 押し出す量 となってしまっている場合です。

溶ける量 = 押し出す量 となるように調整していく必要があります。

 

ノズルのつまりを解決

Amazonでは3Ⅾプリンター専用のノズルクリーニング棒が販売されていますが、使い勝手が悪く交換できないので

今回はピアノ線を使用してノズルクリーニングを行います。

ピアノ線はダイソーでも売られていたので、径が合えばダイソーの物でも十分使用できます。

 

方法としては

フィラメントを外す→ノズルを加熱(240℃)→ピアノ線を挿すといった感じです。

Adventure3の場合ノズルを取り外して、バーナーでノズルをあぶるといったことができないのでこの方法が一番ベストです。

 

【超格安・光造形】ANYCUBIC Photon Zeroレビュー

 

詳しくはYotubeで見てください↓

 

 

3D プリンタカテゴリの最新記事