Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kaychannel/kaystyle3020.com/public_html/wp-content/plugins/styles/classes/csstidy/class.csstidy.php on line 854

【FLASHFORGE】FLASHFORGEおすすめ3Dプリンター機種 5選

【FLASHFORGE】FLASHFORGEおすすめ3Dプリンター機種 5選

【FLASHFORGE】FLASHFORGEおすすめ機種 5選・【家庭用3Ⅾプリンター】


こんにちは『海里』です。

FLASHFORGEから発売されている3Ⅾプリンターのおすすめ機種について紹介します。

 

FLASHFORGEで価格改定されました↓

FLASHFORGEが価格改定!!Adventurer3Xが7万円以下に!?

FLASHFORGEをおすすめする理由

私は今までにFLASHFORGEの機種で

  • GuiderⅡ
  • Dreamer
  • ADVENTURER3

3機種を使用したことがあります。

Adventure3においては購入して使い倒しているところです。

 

FLASHFORGEの3Ⅾプリンターは、失敗も少なく安定した印刷ができる印象

日本に代理店があるため、サポートも手厚いです。

以前GuiderⅡのノズル詰まりを起こした時も対応していただきました。

非純正のフィラメントが使用できコスパに優れ、

最近ではAmazonでもFLASHFORGE純正フィラメントが販売されるようになりました!

 

3Ⅾプリンター中級者や技術者には中華製の3Ⅾプリンターをおすすめしたいですが、初心者には直感的に分からないと思うので

何かあってもサポートのあるFLASHFORGEの3Ⅾプリンターを紹介します!

他のメーカーとの比較

XYZプリンティングやUltimakerが主な3Ⅾプリンター会社だと思います。私はこの3社の3Ⅾプリンターを使用したことがあります。

XYZプリンティング

純正フィラメントでないと使えない。フィラメントは専用のものとなっており、ICチップが搭載されているので自動的に温度変更がされます。

今はどうかわかりませんが、あまり細かく設定できないのが難点

純正フィラメントなのに絡まったことがあり、フィラメントリール一本を捨てました。

※メールをしたのですが、対応はこっちだからといわれ、めんどくさかった印象があります。

Ultimaker

高額すぎて初心者向けとは言えません 一番下のモデルでも15万程しますから・・・

精度やプリンターとしての性能は高いです。使えるフィラメントもたくさんあります

フィラメントの径が特殊で一般的な1.75mmではないので、純正フィラメントを使う必要があります。

 

おすすめ機種ランキング 別紹介

第5位

Finder

3DプリンターFinderが2016年度IFデザイン賞を受賞

 

Finderをホームページで確認する

仕様 詳しくは→Finder

出力サイズ 140×140×140mm
積層ピッチ 0.05~0.4mm
重量 11.0kg
外形寸法 420×420×420mm

価格 48000円(税別・送料別)

ここが良い!

・3.5インチフルカラータッチスクリーン

・スライド式プラットフォーム

・USBメモリからデータの読み込みが可能

 

ここがネック!

11kgと重いので運ぶのが大変

プラットフォームが囲われていないので外気の影響を受ける

Amazon↓

第4位

inventor2

inventor2をホームページで確認する

仕様 詳しくは→inventor2

出力サイズ 150×140×140mm
積層ピッチ 0.05~0.4mm
重量 11.0kg
外形寸法 420×420×570[mm]

価格 72000円(税別・送料別)

ここが良い!

・トップカバーとフロントドア

・フィラメント検出機能

・50デシベルの動作温

 

ここがネック!

11kgと重いので運ぶのが大変

上方向に高くなっている

Amazon↓

第3位

GuiderⅡ

GuiderⅡをホームページで確認する

仕様 詳しくは→GuiderⅡ

出力サイズ X280×Y250×Z300mm
積層ピッチ 0.05~0.4mm
重量 30KG
外形寸法 W550mm×D490mm×H570(755)mm

価格 182000円(税別・送料別)

 

ここが良い!

・プリントエリアが広い

・タッチパネル

・停電回避システム

 

ここがネック!

30kgと一人では運べない

プリントサイズが大きい、本体サイズが大きい

Amazon↓

第2位

Dreamer

Dreamerをホームページで確認する

仕様 詳しくは→Dreamer

出力サイズ 230×150×140mm
積層ピッチ 0.05~0.4mm
重量 N.W-10.7KG, G.W-16.3KG
外形寸法 幅485mm×高382(402)mm×奥行344mm

価格 99000円(税別・送料別)

 

ここが良い!

・デュアルヘッド

・出力サイズが広い

・2色印刷が可能

 

ここがネック!

重量が気になる

Amazon↓

第1位

Adventure3

Adventure3をホームページで確認する

仕様 詳しくは→Adventure3

出力サイズ 150X150X150mm
積層ピッチ 0.05~0.4mm
重量 9.0KG
外形寸法 W388mm×D340mm×H405mm

価格 63000円(税別・送料別)

 

ここが良い!

・曲がるプラットフォーム

・稼働音45dB

・ワンプッシュノズル交換

・USBメモリから印刷

・遠隔カメラ機能

 

ここがネック!

造形サイズが小さい

 

おすすめの機種を紹介してきましたが、絶対にこれ!という機種はありません。

自分に合った造形サイズ、本体の大きさ、価格帯で購入してください。

 

Adventure3の上位機種、Adventure3Xが販売されました。そちらの記事もあるので、よろしければ↓

関連記事
Adventure3、Adventure3Xどっちを買う?【初心者向けの機種とは】

 

3D プリンタカテゴリの最新記事