【3Ⅾプリンター】3Ⅾプリンターエンクロージャーを自作騒音・外気温対策

【3Ⅾプリンター】3Ⅾプリンターエンクロージャーを自作騒音・外気温対策

3Ⅾプリンター用のケースを製作【外気・騒音対策】

 

いつも見ていただきありがとうございます。

今日は3Ⅾプリンター用のケースを製作したので、紹介したいと思います。

 

YouTubeにもアップしています!

なぜケースを製作するのか

最近の3Ⅾプリンターに多いい形として囲いのないタイプの3Ⅾプリンターが多くあります。

そこで問題となってくるのが、外気温の影響と騒音です。

 

ケースがあることによって

・防音対策

・冷気の影響をシャットアウト

これらの問題を解決できるのではないかと考えました。

やってみないと分からない部分が多くあるので、作ってみたいと思います。

 

CADでケースを製作

Fusion360で3ⅮCADにしました

ケースを開いたとき

ヒンジの製作

 

購入品の紹介

 

購入品 金額 必要個数
1×2材  6F 299 7本
普通合板 629 2枚

その他家にあった木ネジやビスを使ってます。

 

合計金額 3685円

その他3Ⅾプリンターを使ってヒンジを製作しました。

そんなこんなでケースが完成

本体サイズの1.5倍ぐらいの大きさになってしまいました(笑)

 

外気温と騒音を検証

まずは騒音について検証

騒音の検証にEnder3を使用しました。

 

外に置いたときは40dB~45dBで安定

 

中に置いたときは、35dB~40dBで安定

もともとEnder3はそこまでうるさい3Ⅾプリンターではない事が改めて分かりました。

 

Ender3欲しいかもと思った方はこちら

【3Ⅾプリンター】3万円で買える格安3dプリンター

 

 

今後の改善策として

見ていただくとわかるように、何も断熱効果がないので、スタイロフォームを追加したり

開閉部分に関して隙間ができてしまっているので、サッシ使用のスポンジを追加したいと思います。

 

YouTubeもぜひ!

3D プリンタカテゴリの最新記事