1500円の超格安フィラメントは使い物になるのか【3Dプリンター】

1500円の超格安フィラメントは使い物になるのか【3Dプリンター】

1500円の超格安フィラメントは使い物になるのか

※2020年 8月10日現在アマゾンで販売されていません

使い物になるのか

結論から言うとぜんぜん問題なし!!

 

意外とばかにならないのがフィラメントの消費です。

このフィラメントはなんと1m 4.5円!!

 

非純正ともあり多少の問題もあります

 

なにが違うのか考えてみた

まず思ったことは、純正品と非純正品では造形の綺麗さが違う

原因としてはフィラメントによってばらつきがあること

 

同じメーカーのフィラメントでも、色によって最適な温度が違う

これが

エクストルーダーの滑り問題を引き起こす

カチカチと音を立てフィラメントが空回りしているような音を引き起こす

解決方法

メーカーのだしている温度より5℃ほど温度を上げる

送り速度を下げる

この2つでカチカチ問題は解決できます。

非純正を使うために必要なスキル

 

最適な温度と送り速度をみつける

ちょっと根気がいりますが、これしかありません!!

 

純正品の半分の値段で買えるので、試してみる価値あり

非純正のものは、種類が豊富でウッド風のフィラメントなどもあるので、想像の幅が広がる事間違いなしです

 

注意としては3dプリンターによっては、非純正品が使えないメーカーもあります

xyzメーカーがだしているものは非純正品のフィラメントは基本使えません

※フィラメントのリセットをする方法もあります。

 

関連記事
【3Ⅾプリンター】3~7万円以下 おすすめ5選 
ABS樹脂とPLA樹脂の特徴【3Dプリンター】

 

3D プリンタカテゴリの最新記事