【時間術】無駄な時間を見つける方法【5分刻み行動】

【時間術】無駄な時間を見つける方法【5分刻み行動】

【時間術】イーロンマスクから学ぶ無駄な時間を見つける方法【5分刻み行動】

イーロンマスクはテスラやSpaceX創業者です。最近で有名なのは前ZOZO社長前沢さんとの月旅行に使わるロケットがイーロンマスクが操業したSpaceX社のものです。AIなどの研究も行っています。

イーロンマスクに学ぶ時間術

イーロン・マスクは週100時間働く超人的な一日を過ごしてる

一週間を7日として100時間働くには、

24×7=168 時間

168-100=68 時間

一日当たりに使える自由な時間はおおよそ9時間

睡眠や食事を含めて9時間なので、6時間寝ると3時間しか自由な時間はない。イーロン・マスクはどのようにして生活しているのか探り、

無駄時間を出さない工夫を見つける

 

5分刻みのスケジュール法

YouTubeを見ていたら、30分も過ぎていたなんてことはありませんか??

YouTubeだけではなくInstagramやTwitterなどでも同じことが言えます。

この30分を重く見る人は少ないのが現状

 

しかしこの30分があれば、早く仕事を終わらせたり、新しい勉強を始めることもできます。

そこでイーロン・マスクも行っている5分刻み時間術の紹介

方法は簡単、スマホ、ウェアラブル端末など時間が測れるものを用意し、5分のタイマーを設定するだけ

タイマーを設定した状態で、いつも通りに生活してみましょう!

YouTubeを見ているときに5分のタイマーがあなると、5分という時間の感覚が戻ってきます。

無駄にしていたと気が付く

5分タイマーでやめて勉強を始める

といった感じ

 

5分のタイマーがなったら、別のことにチェンジしていくことが集中力を長く保つ鍵です!

 

人間の集中力は何分続くのか?

賛否ありますが、人間の集中力は15分程といわれています。

勉強中 ポン!っとスマホの通知によってかき消されてしまうほど人間の集中力は続きません

5分刻み法を使うと、集中力が切れる前に別のことを始める

人間は新しい事を知りたい!刺激がある方に向かってしまうので、

5分刻みのタイマーをかけることで、次へ次へと新しい情報を得ることができ、飽きずに勉強ができるという感じです

 

問題なのはマルチタスク

マルチタスクとは一度に複数のことを考えて2倍のペースになるというもの

人間はマルチタスクには向かずシングルタスクしかできないのでは?といわれています。

先ほどの5分刻み術を行うときには、先のことや終わったことを考えず、5分間ならどんな人でも集中できます。

5分で区切ると無理やりシングルタスクの状態を作りだし、無駄を省いて時短につながる

 

疲れずに過ごすために

100時間近く働くイーロン・マスクは日曜日は旅行をしたり、5人の子供たちと過ごすそうです。

 

週に一日は休息の時間を

 

ルーティーンをつくる

朝起きて→トイレ→朝ごはん→・・・

といった感じに生活を固定化することで、体に生活が染みつき、無駄な時間を省く

 

運動をしよう!

集中し脳を使うと脳だけ疲れてしまい、体は疲れていないという状況になります。

こうなると夜に眠れないので、

脳の疲れ=体の疲れ

精神的疲れと肉体的疲れが一致することが大切です。

 

転職できなければ全額返金の「エンジニア転職保証コース」

 

 

 

日記カテゴリの最新記事