【川釣り】簡単仕掛けの作り方

【川釣り】簡単仕掛けの作り方



夏は釣り

釣りと聞くと、針を付けるのが難しそうとか思うとおもいます。

今回は簡単に作れる仕掛けの作り方を紹介します。

バーベキューシーズンにぜひBBQを楽しみながら、お子さんと一緒に釣りも楽しんでください。

用意するもの

  • 竿
  • 釣り糸
  • おもり
  • 浮き&ゴム
  • 針と糸を付けるやつ



竿

1m15㎝程の長さです

右側が返しなし、左側が返しありです

返しがあると釣った時に魚が逃げない反面魚を傷つけてしまいます。

釣り糸

1つの仕掛けなら10mあれば十分です。

10mで9本近くの仕掛けが作れると思います。

おもり

浮き&ゴム

右側にあるのが浮き 真ん中の下にあるのが浮きを止めるゴム

針と糸を付けるやつ

仕掛けの作り方

これは一部自己流を含みますので、参考程度でよろしくお願いします。この方法で壊れたりしたことはありません。

釣り糸を竿の先端に付けられるようにする↓これの赤いところ

釣り糸だと見えないので、青のひもでやってみました

こうしたら赤いところにつけます。





大きいところに指を入れる

長い方の糸を親指と人差し指の真ん中に長い方の糸が来るようにする

親指と人差し指を付ける

ここでできたわっかを竿の先端につけます。

親指と人差し指で作ったわっかを赤いところにつける

※この写真では指のところが竿でいう赤いところです。

長い方を引っ張ると締め付けられ、小さいわっかを引っ張ると外れます。

竿の長さで切る

重要!! ↓

浮き用のゴムを入れる

浮き用のゴムを入れたら、

下の写真の丸いところに結びます。釣り糸は引っ張ると簡単に取れてしまうので、何回か結んでください

釣り針の先を2回ほどかた結びしてとんがってる方の丸いところに入れて、下に引っ張ります。

これで外れなくなります、針の糸が切れてしまっても簡単に新しい針と交換できます。

浮きを付け、針から5㎝程の位置におもりを付けたら完成!!

最後に

エサはミミズを使ったり、スパゲッティやごはんでも大丈夫です。

針は刺さったら痛いので、刺さらないように行ってください

怪我は自己責任でお願いします。


日記カテゴリの最新記事